宇宙讃歌。宇宙物理。

0
76

 僕たちが見ている星は、もう残滓なんだ。もう、その場所に瞬時に行けたとしても、星は無い。その輝きだけが僕らに届く。

 今、君が地球から、遠くの銀河の果て目指し、光で何かを叫んだとしても、それが届く時には、僕らはもう跡形も無いんだ。

 光は、過去を未来を繋いで紡ぐ。


 今、天空に瞬く星星は、何を思うのだろう。
 何を、その時語ったのだろう。

 何も分からない。だから僕らはそれを探求したい。
 宇宙物理学の果てに、僕らは何を見つける事が出来るのだろうか。

 光の届かぬ先なのか、膨張する宇宙のその広がりなのか。はたまた全ての終わりの始まりのビッグバンか……。


 動かなければ分からない。だから、僕は動く地球の大地の上で、ずっと遠くの星星に、語りかけ、耳をすませ、知りたがるんだ。

 ぼくらと、ほしと、その先を。

 深淵とこしえに。いざ、宇宙(そら)を。
SF
公開:18/07/07 01:28
星 宇宙 地球 物理

おきつね土鍋( 閉架から910の分類番号辺りまで )

図書室に入り浸っていた学生時代から物語のとりこです。マイペースに活動していきます。
作品に使用している画像は、版権フリーのものや、NASAのサイトの商用以外使用可能なものを利用させて頂いております。

アマゾンさんにて販売中 https://goo.gl/QMhGse
Twitter:https://twitter.com/okitune_donabe
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容