メメントモリ

0
77

歩く度に視界に入る黒い影。
近寄って来るでなく、ただ距離を離さずついて来る。
声をかけても、物を投げても離れない。

その影が誰かに近づくのが嫌だから人と距離を取っても。影は常に笑うわけでも馬鹿にする訳でもなく傍にいた。

ふと、歩道橋から下の道路を見下ろした時、影は前に回ってきた。じっと見ているかの様だった。

目を離せないでいたら、通りがかりの警察官に心配されて声をかけられた。影は見えなくなった。

長い人生の中、裏切りも信用もあったけれど、影はずっといた。私にしか見えなかったのだろう。

私が病床に伏して、病院で静かに寝ていた時に、影は優しく顔を撫でて来た。

影そのものに、いいも悪いも無くただそういうものなのだと分かった。

汝、死を忘れるなかれ。
いつも近くにいたものね。

汝、死を恐れるなかれ。
いつも近くにいたもんね。

私は最期にただ静かにそれに委ねて目を閉じただけだった。
その他
公開:18/07/03 07:31
生 死 人生

おきつね土鍋( 閉架から910の分類番号辺りまで )

図書室に入り浸っていた学生時代から物語のとりこです。マイペースに活動していきます。
作品に使用している画像は、版権フリーのものや、NASAのサイトの商用以外使用可能なものを利用させて頂いております。

アマゾンさんにて販売中 https://goo.gl/QMhGse
Twitter:https://twitter.com/okitune_donabe
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容