スイングバイ

4
64

惑星の重力を利用して、一気に加速することをスイングバイと言う。思いっきり走ってめのまえの棒に手をかけて、勢いを増してまた違う方向に行く感じかな。

「好きだー」
「ごめーん」

ワカッテターと、彼が離れていく。随分と勢いがついたから、きっとまた気合い入れて違う星に声をかけるんだろな。

「好きですー」
「わたしもー」

そう言いながら、私も銀河の彼方飛んでいく。

YES swing bye.
No docking You.

宇宙は引き合って離れる。心寄せて離れる。
あの暗い、黒い、あの宇宙に満たされた中には、きっと愛がいっぱい。拡散されてるんだ。

そして今日もスイングバイ。
SF
公開:18/07/04 18:28

おきつね土鍋( 閉架から910の分類番号辺りまで )

図書室に入り浸っていた学生時代から物語のとりこです。マイペースに活動していきます。
作品に使用している画像は、版権フリーのものや、NASAのサイトの商用以外使用可能なものを利用させて頂いております。

アマゾンさんにて販売中 https://goo.gl/QMhGse
Twitter:https://twitter.com/okitune_donabe
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容