7
95

 きつねが溶けていた。
 近所の神社を通り抜けようとしたら、鳥居の横にどろりと。
 まるで、黄色い水たまりのよう。でも、なんで狐?
「そこなおぜうさん。助けてくらさいまし……」
 うわ、喋った! 口調まで溶けている。さっき買った油揚げを渡せばいいかな。
「そんな、油抜きもしてないものを……」
 お気に召さないらしい。最近の狐はグルメだ。とりあえず御手水をバシャバシャかけてもまだ熱いので手洗い場の水に浸けておいた。
「あーいぎがえる」
 あ、自分こんな者ですと、びしょ濡れの名刺を渡された。酷い。濡らしたのは私だけど。
それによると、一応ここの偉い狐らしい。御布施代わりに食べかけのアイスをあげたら喜ばれた。

 何日かしてそこの神社に寄ってみたら、尻尾を生やしたおじさんがいた。せめて可愛い狐娘にして、萌え神社とかもいいですよと提案しておく。前向きに善処するらしい。最近は神社もゆるいようです。
ファンタジー
公開:18/07/01 18:21
狐 夏 神社

おきつね土鍋( 閉架から910の分類番号辺りまで )

図書室に入り浸っていた学生時代から物語のとりこです。マイペースに活動していきます。
作品に使用している画像は、版権フリーのものや、NASAのサイトの商用以外使用可能なものを利用させて頂いております。

アマゾンさんにて販売中 https://goo.gl/QMhGse
Twitter:https://twitter.com/okitune_donabe
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容