花を綻ばすように笑った

0
200

私は今、ウェディングドレスを着て、頭に花冠を乗せて、涙を滲ませながら目元を赤らめて笑っている。
緊張と嬉しさの混じった、変な気分。
ついこの間まではお母さんと一緒に花嫁修業と名ばかりの楽しさ優先の料理や、家の掃除なんてものをしていたのに。
白い華やかなタキシードを着た彼も目元を赤らめていた。元から私よりも泣き虫なのに。明日目元が腫れちゃうよ。
彼は絶対に私を離さない、置いていったりしないって言ってくれた。
私、その時とっても嬉しかった。
血の繋がっていない異性の人に、そんなに大事に思われてるなんて、自分を見直した。
いつも仕事で忙しいお父さんが大声を出して泣いている。厳しくも優しいお父さんはマリッジブルーの私を励ましてくれた。
私、結婚するんだ。
改めて実感し、堪えきれなかった涙が溢れてくる。
鼻をすすり、ブーケを胸いっぱいに抱きしめ、私は心を込めて感謝の言葉を吐いた。
恋愛
公開:18/02/14 04:50

腹痛

何卒よろしくお願いします
反応に困るようなものしか書けません。

作品に使用している画像はすべてフリー素材です。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容