背後の男

4
4

 そいつを見た時『俺はもう死んだ』と確信した。

 誰だって鏡を見て後ろに見知らぬ男性が立っていたら、怨霊か殺人犯ぐらいは容易に想像すると思う。俺の場合、見てすぐに振り返ったら誰もいなかったから前者だ。

 謎の男を見てから俺は鏡を見るのに恐怖したが、人の多い所で見れば怖くないと思い、そういった場所で見た。残念ながら男は鬱な表情で俺の後ろに立っていた。
 男は一体何をしたいか分からないが、何もしてこないから数日後には彼の存在に慣れた。

 男に変化が起きたのは、俺の身近な人達が立て続けに吉報が続いた時だった。
 結婚、出産、古い友人との再会、彼女が出来たなど、大きいものから小さいものまで。それらが起きるたびに男は明るく、人相も良くなっていった。

 出会ってから十年後。
 男はまるで菩薩のように穏やかな表情である。
 不思議と俺は、男を守護神の類だと勝手に思い込み、毎朝感謝している。
ホラー
公開:20/09/16 17:54
謎の男 背後にいる 意図不明

赤星 治

【投稿したら、Twitterで何作投稿したかを報告します】
短編長編は、エブリスタとノベルアップ+で活動中です。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容