夢放題ライト

6
5

いい夢を仕入れて提供する。それがAの仕事だ。Aは夢の商売をしている。
夢の種類は千差万別だ。公務員、政治家、アイドル、オリンピック選手、お金持ち、結婚、平均的な生活、孤独。ひとつとして同じ夢はない。
夢のない人が増えた。将来の夢を聞かれて答えられない人が増えた。自らの夢を探しても見つけられずにいる人も多い。そういった人がAの顧客となる。彼らは夢を探す時間をコストだと考える。
プランは2種類。「夢放題」と「夢放題ライト」。顧客はプラン内の夢を自由に選ぶ。夢を持ち続ける間、彼らは月々の料金を支払う。特に人気なのが夢放題ライトだ。選べる夢に制限はあるが手軽に夢を持つことができる。
夢の在庫が少なくなるとAはある国に行く。その国は貧しく、人々はその日その日を必死に暮らしている。こういった国はいい夢が手に入る。Aは彼らの夢を安価で買い取る。そして夢を手軽に持ちたい人々に夢を提供し続ける。
ファンタジー
公開:19/07/12 08:06
更新:19/07/12 08:07

もみ

ブログやってます。
https://momiblog.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容