1
5

美佳の首元の薔薇の烙印をなぐさめるように、男は愛撫した。
ふと首筋を撫で、手で深い傷を隠した。

「どうしたの?」
「うんん。何でもない」

男は、美佳の手を払いのけて、薔薇の烙印をじっと見つめる。

「どうしたの?それ?」
「若気の至りかな」
「そう。薔薇は花言葉で愛情や愛していますという意味だけど、一本だけだと夢中という意味なんだ。知ってた?」
「そうなの。初めて知った」

男はにやけ、美佳に愛情をせがむように手を伸ばした。

「今、私は何に夢中になっているのかな?」
「きかれても答えられないよ。自分で見つければ?」
「自分で?」
「そう。美佳は綺麗な薔薇なんだから」

男は、美佳の髪をくしゃくしゃにし、己の欲求を満たし始めた。

男の言う綺麗な薔薇とは、己の意志を持たない人形であろう。
その他
公開:19/01/11 22:34

神代博志( WHO? )

情報でごった返る社会は、嘘の情報を平然と鵜呑みにし、間違った見解も、怒りと焦りの過ちで、正解と見なしてしまうのである。
間違った道徳も、千人の意見に翻弄されてしまえば、正確さが欠けていくのと同じように、社会もまた、大衆の意見に左右されやすいのである。
誰も信用しないと言っていた社会が、今では、半信半疑で情報を信じながら、意見を鵜呑みにせずに、自分自身の考えと一致しているかどうかを確認し、確証にいたってから、信じないといけないのが現状である。

ハリーポッター 289P。地道に読み続ける。










 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容