凶花~花を挿す~

26
20

女が青年と出会ったのは、暇つぶしに入ったアート展だった。女性と見紛うような綺麗な顔をした青年は、自分はアーティストなのだと、緊張した面持ちで女に話しかけた。
「人と花とのコラボ作品を作っているんです。近くにアトリエがあるのですが少し協力してくれませんか」

女は簡単に着いて行った。
アトリエはいっぱいの花で埋めつくされ、強い香りが漂っていた。

青年は女の耳元に顔を寄せると
「あなたは花器だ」
と囁いた。途端、女は動けなくなり、声が出なくなった。

青年は女の服を剥ぎ取ると、その皮膚に花の茎を突き立てズブリズブリと挿していった。一輪、一輪、真剣な表情で花を挿す。

仕上げとばかりに青年は、女の顎をクイと上げると、口を開け、女の背丈以上ある長い茎を差し込んだ。茎が身体の中心をズブズブと貫いていく。

女の目が天を睨むようにし、光を失うと、ようやく青年はホッとしたように柔らかな笑みを溢した。
その他
公開:18/10/16 20:26
10の忌まわしい物語

むう( 神奈川 )

好きなもの。音楽、本、漫画、映画、舞台。
昆虫。人体。中島らも。大人計画。松尾スズキ。EGO-WRAPPIN'。坂本慎太郎。椎名林檎。
白むうと黒むうがいます。

twitter
むう@nomunomutayuma

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容