出る杭

13
14

課長は息を呑んだ。
カッとして、おもちゃのハンマーを頭上に振り下ろした部下が、地面に垂直に埋まってるではないか。

驚いたのも束の間、ムガムガと何か言っている頭頂部を見下ろして、課長は気持ちが穏やかになった。
それ以来、課長は優秀な部下をハンマーで叩きつけるようになった。

課長。画期的なアイデアを思いつきました。

ピコン!

課長。次の英語のプレゼンを準備しましょうか?

ピコン!

しかし、部下たちは数日もすれば、夏の雑草のように、にょきにょきと伸びて、以前よりも活気づいて、仕事を始めた。

課長はすでに疲れていたが、部下たちが有能になるため、部長は引き続き出る杭を打つことを強要した。

「部長。私はもう、自分の仕事に集中したいです」
「何をいっとる。なら、お前も一からやり直してこい」

ガツン!
部長のハンマーで頭蓋骨を砕かれた課長は、崩れ落ちた。

「あれ、おかしいな」
ファンタジー
公開:18/10/15 09:11
更新:18/10/31 07:35

イチフジ( 地球 )

マイペースに書いてきます。
感想いただけると嬉しいです。

とりあえず、100話と、お気に入りにはいる作品を作ることを目標にする

57

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容