長い階段

25
24

「ああ、疲れた⋯⋯」
おれはどこまでも続く長い階段を昇っている。
左右に壁はなく、漆黒の闇の中に階段だけが浮かんでいるので、気をつけないと奈落の底に落ちてしまう。

また一歩、また一歩と、階段を昇って行く。
ふと横を見ると、小さな階段が、やはりどこまでも続いていた。
小さな階段には小さな男の姿が見えた。
屈み込んでじっとその小さな男を見つめると、小さな男も同じように身を屈めた。
じいっとよく見ると、小さな男の側にはさらに小さな階段があり、さらに小さな男が身を屈めていた。
おれは上空を振り返った。
そこには、やはり巨大な男が上空を振り返り、さらに巨大な男が上空を振り返っていた⋯⋯。

おれは「あっ!?」と声を上げ、長い階段から落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、落ちた、
ホラー
公開:18/09/28 12:05
更新:18/09/28 12:09

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容