冷し中華終わりました

33
61

平成最後の夏と共に、冷し中華が終わった。全ての店のメニューから消滅し二度と復活せず、もはや細切りの胡瓜も叉焼も見る事は無い。全冷中は国外に亡命したが既に求心力を失っていた。
冷し中華の無くなった麺的な空白に対して関西から冷し饂飩が押し寄せたが、名古屋で冷しきし麺と冷し味噌煮込み饂飩の抵抗により膠着した。一方岩手では冷しじゃじゃ麺が、長崎では冷しチャンポン、奈良で冷しにゅうめんが勃興し覇権を争う。そして関東では日本蕎麦が独裁麺となり多くの具材を弾圧、中でも蒸し鶏と錦糸卵の二代に及ぶ悲劇があった。
この混乱の末、最終的に勝利したのはカレーだった。カレーは秘密裏に饂飩と日本蕎麦と不戦協定を結ぶと「カレーは国民食」のスローガンの下、全国で一斉に蜂起しついに『冷し印度』が樹立された。
しかしカレーの野望は留まる事がない。次には「カレーは飲み物」宣言を行って清涼飲料水への破竹の進撃を開始するのだった。
SF
公開:18/09/19 00:01
更新:18/09/19 00:26
全冷中=全国冷し中華愛好会 実在する 好きな物を好きに書くシリーズ

北澤奇実

馬肉猫祭りに参加できなくて、悔しかったんです。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容