満月の幸せ

23
33

人魚が友達のハリセンボンに云った。

──ニンゲンから聞いたんだけどね。
──「辛い」という字に一つ棒を足すと
──「幸せ」になるんだって。

だからさ。

アタシが今こんなにも辛く哀しいのは、誰かがアタシの横一文字を引き抜いていったからに違いないよ。

ハリセンボンは目をパチクリさせると、意を決したようにぷくうっと膨らんだ。
そうして犬の様にブルルッと身震いをして
その身から針を全てふるい落とすと、一番上等な美しい針を選び、辛く哀しいという人魚の胸に一刺ししてやった。

──。

人魚は何事かを呟くと、幸せそうな笑みを浮かべて泡となり、白い波間に消えて逝った。

針を罔くしたハリセンボンはつるつるした白い丸のまま、人魚の泡が溶けたぬるい海に抱かれながら、その果てまで流れ流れて満月となった。
恋愛
公開:18/11/03 03:05
更新:18/11/03 03:14

椿あやか( 猫町。 )

◆座右の銘《知好楽》
◆SS(紙媒体)で単著が出せるよう、修行中です。
◆文章など、お問合せは下記までお願い申し上げます。
………………………………………………………………………
【椿あやか】(旧PN:AYAKA)
Twitter①:@ayaka_nyaa5
MAIL:nekometubaki★gmail.com(→★を@に変える)
【エブリスタ】
https://estar.jp/_novel_view?w=25326255
………………………………………………………………………
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容