ジャズの泡

26
112

仕事帰りに偶然JAZZという看板を見つけ、おれは軽い気持ちで扉をくぐった。席に座るとすぐにリクエストを聞かれたので、店主に言った。
「じゃあ、ビル・エヴァンスを」
しかし、彼が持ってきたのはレコードではなく、一本の小瓶だった。栓を開けグラスに注ぐと、シュワシュワと泡が立つ。
「さ、どうぞ」
促され、よく分からないながらもゴクリと飲んだ瞬間だった。優しいピアノの音色が聴こえてきたから驚いた。
「ふふ、彼の生演奏そのものでしょう? 泡が抜ける前に、ぜひ」
次第にウッドベースが入ってきて、軽やかにドラムが響く。おれは何度も口に含み、美しい音色に聴き惚れた。
やがて瓶が空になり、感激の言葉を店主に伝えた。
「それはよかった」
ですが、と彼は言った。
「これがなかなか商売にならなくて。大抵のお客様が瓶一本で満足されてしまうんですよ」
笑いながら店主はつづける。
「何しろ、飲むと泡で胃が膨らむようで」
その他
公開:18/06/23 14:52
不思議な言葉 スクー 炭酸JAZZ

田丸雅智( 東京 )

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載され作家デビュー。12年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。15年からは自らが発起人となり立ちあがった「ショートショート大賞」において審査員長を務め、また、全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、新世代ショートショートの旗手として幅広く活動している。著書に代表作『海色の壜』など多数。

◆公式サイト:http://masatomotamaru.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容