宵待ちの丘

7
26

これは私が、まだ若かった頃のお話だ。

「宵待ちはいらんかね?」

花売りは私に、一輪の月見草を渡してこういった。
「ひとつ、今宵の夢をごろうじろう。」

薄紅色の儚げな花びらが、
風に揺られてひらりと舞った。

一陣の突風後、
辺りは突如、黄色い待宵草の花畑に成り替わる。

白い月が煌々と照らす原野に、
後ろ向きに立っている女性がいた。

その後ろ姿を見ると私は、
胸をぎゅっと締め付けられるが、記憶にない。

声をかけあぐねていると、
女性は振り返り、寂しそうに微笑んだ。

私はドキリとして、思わず声が漏れ出した。
「ああ、かあさん…」

ざざぁと黄色い花が渦を巻き、
二人を巻き込むその刹那、
女性はドンっと私を突き飛ばした。

気が付けば、
月見草を手に、ぽかんとそこに立っていたんだ。

だから、坊や。気を付けるんだよ。

宵の月は、心を囚える。
宵に捕まり、宵を掴み続けぬように。
ホラー
公開:18/08/31 20:09

やまのまや( 東京 )

訳あって、しばらくGOHSTしておりました。
コメント、返せないかもしれませんが、ちょぴっとずつ復活してみたいと思います。

心が切なくなる物語が好きです
幸せの余韻が残る物語が好きです
身近なのに「あ!」となる物語が好きです
そして時々、背筋がぞわ!っとする物語も素敵です

そんな物語を、読むのも書くのも大好きです(^^)

この400文字の中に、削って削って詰め込む快感♪ たまりません♪
そして。
世界の幸いが、物語の中にあらわれることのできますよう

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容