灯台

1
9

周りを海に囲まれたこの島で、今日から僕は生活する事になった。
島の中心には大きな灯台が建っている。白い外観で、島のどこからでも見る事が出来る。その灯台を囲むように、居住区が広がっていた。

「ここの海は綺麗だからな、お前も少しは心を洗った方がいいと思うぞ」
その声の主は、今日から僕がお世話になるであろう人物だ。
「善処します」
島に着いたばかりの僕は、海を眺めていた。どこかの孤島なのか、他の陸地は確認出来ない。

「時間ならある。先の事もここでなら考える事も出来ると思うぞ」
一足先に灯台に向かって歩くその人の背中に向かって、僕は小さい声で応えた。
「看守さん、ここは灯台の下、先なんて見えるわけないでしょう。それに、灯台は船乗りの為のものですよ」
縛られた僕の手を掴みながら看守は言った。
「心配するな、灯台の他にもお前達を照らすサーチライトなら沢山あるからな」
その他
公開:18/05/17 00:39

goppe

マイペースに書いていこうと思います。
コメント等、励みになります。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容