靴の縄張り

18
30

彼女の家で妙な光景に出くわした。部屋の至るところに靴が置いてあったのだ。
「何かのおまじない……?」
尋ねると、彼女は言った。
「靴がケンカしないように離してるの。靴にはそれぞれ縄張りがあって。自分のところに入ってきたら嫌がるから、先に領分を割り振ってあげてるわけ」
よく分からないが、靴をたくさん持っている、女子ならではの話なのかなとぼんやり思う。おれはひとつスニーカーを持つのみで、靴にはてんで無頓着だ。女子も大変だなぁと感心していた。
そのときだ。慌てたような足音を立てて誰かが部屋に入ってきた。いや、それは人ではなくおれの靴だった。靴はこちらに駆けてきて、怯えるように背後に回った。あとから追いかけてきたのは彼女のヒールだ。
「あー、ごめん、うちの子が」
彼女は言った。
「侵入者だって噛みついたのね」
ボロボロになったおれの靴は、震えながら、くぅん、と鳴いた。
その他
公開:18/05/11 15:35

田丸雅智( 東京 )

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載され作家デビュー。12年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。15年からは自らが発起人となり立ちあがった「ショートショート大賞」において審査員長を務め、また、全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、新世代ショートショートの旗手として幅広く活動している。著書に代表作『海色の壜』など多数。

◆公式サイト:http://masatomotamaru.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容