しりとり食堂

12
124

『※店内はしりとりのみです』
 
商店街の外れにある、定食屋らしき店に入ろうとしたときだ。入り口のガラス戸に、変な張り紙がしてあった。
妙だなとは思ったがあまり気に留めず、俺は引き戸を引いた。
「らっしゃっせー!」
店員の元気な声が響くと同時、手前の客が立ち上がる。
「千円ね。ごちそうさま」
「まいど!」
会計を終えた客は俺の脇をすり抜けて、音を立てずに出ていった。
千円……? まいど……?
いや、まさか。
戸惑ったまま立ち尽くす俺に「どうぞ」と女性店員が声をかけてくる。俺は案内通り腰を下ろしつつ、店員に事情を聞こうと試みた。
「あの、すみません」
しかし店員はまるで聞こえないかのように、俺の横を通り過ぎる。
俺は仕方なしにメニューへ目を向けた。けれど。
「『ぞ』って雑炊しかないじゃん……」
あ。
迂闊にもしりとりを終わらせた俺は注文ができなくなり、おずおずとその店を後にするしかなかった。
その他
公開:18/06/02 22:12
更新:18/06/14 20:34
ランダムキーワード

ゆた

読んでくださってありがとうございます。
 * *
「予約の後輩くん」→「予約の後輩、水瀬くん」を交互に読む連作として、2タイトル通番で書いています。
【追記】
後半に入り、「予約の後輩くん」のみに切り替わりました。
 * *
プチコン2海:優秀賞「海の花」
七夕コンテスト:入選「願い石」
選出していただきました!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容