星が流れた夜

9
209

七夕の夜空に、流れ星を見つけた。しかも二つ。
僕はあわてて願い事をする。

ピンポーン。
玄関のドアを開けると一人の紳士が立っていた。
「こういう者です」
名刺には〈流れ星管理事務局 局長〉と書かれていた。
「あなたは、当局の流れ星に願い事をしたちょうど1恒河沙(ごうがしゃ)人目のお客様です。記念にあなたの願いを叶えに伺いました」
「はぁ……」気の抜けた声が出た。
「流れ星が二つありましたので、願い事を『A子と』『結婚できますように』に分けさせて頂きました。今回叶うのは『結婚できますように』の方です」
「え」
「お相手はランダムとなります。ご了承ください」
「ちょっと待ってくださいよ! 僕が結婚したいのはA子だけだ!」

「さっきから一人で何を叫んでるのよ」
顔を真っ赤にしたA子が立っていた。彼女には紳士の姿が見えないらしい。

紳士は「お幸せに」と僕に目くばせして、流れ星のように消えた。
恋愛
公開:18/06/03 22:21
更新:18/06/04 00:08

UBEBE

しばらく栗饅頭

「小説は短く、人生は永く」

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容