カメラの向こう

0
122

部屋を片付けていると、思いがけない場所から忘れていた思い出が顔を出してくる。
埃を被っていたのはフォトアルバムだった。
今では何でもかんでもデジタル化の時代だというのに、懐かしい。
1枚また1枚とめくれば、ペラリペラリと重ねた歳も剥がれていって、あの頃の気持ちが息を吹き返す。
楽しい事ばかりでは無かったなあ、悲しい事もあった。

ふと1枚の写真に手が止まる。そう、この時は2年越しの想い人に振られたのだ。
でも、カメラの向こうは笑顔で溢れていた。何故だろうか?
ああ!そうだ。あの後に皆集めて失恋記念パーティーで馬鹿騒ぎしたのだ。

そうやって、悲しみに喜びで織り合いをつけたんだなあ。
そんな織り合いが1枚また1枚、パタリパタリと重なり合って私になったのか。
青春
公開:18/03/14 01:09

ふつーと

月の音色にて噂を聞きまして。
よろしくお願いいたします。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容