虹のひみつ

0
187

太古──。人の世は白と黒と灰色で出来ていたという。

絵を描くのが大好きな神が、『色』を自分だけのものにしていたからである。

世界の『色』を自分の絵具箱だけにしまい込み、自分が描く絵にだけ使っていた。

制作に熱中するあまり何日も眠らないこともあった。

ある日、ついウトウトと居眠りをしてしまった神は、うっかり絵の具箱を倒してしまった。

気が付いた時には既に遅く、絵の具は空に七色の放物線を描きながら黒い大地に降り注いだ。

地上の乾ききっていた黒い土たちは、たちまち絵の具を飲み干した。

そうして

緑の芽を生やし──。

茶色の木々になり──。

色とりどりの花を咲かせた──。

大地が飲みきれなかった青い絵の具は海へと流れ、海は青くなった──。

天上からその様子を見ていた神は、地上に現れた自然の絵画の美しさに筆を折り、

それからも気まぐれに絵の具を降らすようになったという。
ファンタジー
公開:18/03/14 00:39

AYAKA( 猫町。 )

別名義で絵や動画なども制作しております。
文章・イラストのご依頼・お問合せは下記までお願い申し上げます。

【AYAKA】文章用アカウント
Twitter①:ayaka_nyaa5
MAIL:nekometubaki★gmail.com(→★を@に変える)

【猫目書房】イラスト・イベント告知用アカウント
Twitter②:bookscatseye
【HP】http://bookscatseye.com/

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容