SUNグリア

14
221

不思議な酒の噂を聞いて、男はバーを訪れた。
「サングリアをお願いします」
サングリア。それはワインに果物を入れて作る酒だ。が、ここが出すのは普通のものとは違っていた。太陽のSUNでSUNグリア。太陽光をたっぷり吸わせて作る酒だ。
やがて男の前に、眩しく輝くワイングラスが差し出された。しばし眺めて口に含むと、太陽の香りに包まれる。その瞬間、男は過去へと遡る――。
小学生の夏休み。幼い彼は公園にいた。照りつける日差しの中、舐めるように一本の木を見上げていく。ふと幹に、蝉を見つけた。慎重に網を構えて近づけると、パッとかぶせて地面に伏せる。ジィジィ暴れる蝉を籠に入れると、また黙々と次の獲物を探しはじめる――。

男はハッと我に返った。いつしか身体は火照り、汗ばんでいた。
バーの店主が微笑んだ。
「素敵な体験をされたようで」
男は真っ黒に日焼けした顔で頷くと、少年のように白い歯を見せニカッと笑った。
青春
公開:18/03/10 14:21

田丸雅智( 東京 )

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載され作家デビュー。12年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。15年からは自らが発起人となり立ちあがった「ショートショート大賞」において審査員長を務め、また、全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、新世代ショートショートの旗手として幅広く活動している。著書に代表作『海色の壜』など多数。

◆公式サイト:http://masatomotamaru.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容